新聞・みことば

これまでのみことば

2020.09
あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。
旧約聖書 伝道者の書 12章1節
2020.08
神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。御子を信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子の御名を信じなかったので、すでにさばかれている。
新約聖書 ヨハネの福音書 3章17~18節
2020.07
見よ、神の幕屋が人々とともにある。神は人々とともに住み、人々は神の民となる。神ご自身が彼らの神として、ともにおられる。神は彼らの目から涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、悲しみも、叫び声も、苦しみもない。以前のものが過ぎ去ったからである。
新約聖書 ヨハネの黙示録 21章3~4節
2020.06
しかし、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、私たちは待ち望んでいます。キリストは、万物をご自分に従わせることさえできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自分の栄光に輝くからだと同じ姿に変えてくださいます。
新約聖書 ピリピ人への手紙 3章20~21節
2020.05
キリストはただ一度だけ、世々の終わりに、ご自分をいけにえとして罪を取り除くために現れてくださいました。そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、キリストも、多くの人の罪を負うために一度ご自分を献げ、二度目には、罪を負うためではなく、ご自分を待ち望んでいる人々の救いのために現れてくださいます。
新約聖書 ヘブル人への手紙 9章26~28節
2020.04
罪の報酬は死です。しかし神の賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。
新約聖書 ローマ人への手紙 6章23節
2020.03
結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。神は、善であれ悪であれ、あらゆる隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからである。
旧約聖書 伝道者の書12章13~14節
2020.02
人の心は何よりもねじ曲がっている。それは癒やしがたい。だれが、それを知り尽くすことができるだろうか。わたし、【主】が心を探り、心の奥を試し、それぞれその生き方により、行いの実にしたがって報いる。
旧約聖書 エレミヤ書 17章9~10節
2020.01
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
新約聖書 ヨハネの福音書 3章16節
2019.12
信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。
新約聖書 ローマ人への手紙 10章17節
2019.11
地の果てのすべての者よ。わたしを仰ぎ見て救われよ。わたしが神だ。ほかにはいない。
旧約聖書 イザヤ書 45章22節
2019.10
もしだれかが罪を犯したなら、私たちには、御父の前でとりなしてくださる方、義なるイエス・キリストがおられます。この方こそ、私たちの罪のための、いや、私たちの罪だけでなく、世全体の罪のための宥めのささげ物です。
新約聖書 ヨハネの手紙第一 2章1~2節
2019.09
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。
新約聖書 ヨハネの手紙第一 4章10節
2019.08
しかし今、キリストはただ一度だけ、世々の終わりに、ご自分をいけにえとして罪を取り除くために現れてくださいました。そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように、キリストも、多くの人の罪を負うために一度ご自分を献げ、二度目には、罪を負うためではなく、ご自分を待ち望んでいる人々の救いのために現れてくださいます。
新約聖書 ヘブル人への手紙 9章26~28節
2019.07
キリストは、今の悪の時代から私たちを救い出すために、私たちの罪のためにご自分を与えてくださいました。私たちの父である神のみこころにしたがったのです。
新約聖書 ガラテヤ人への手紙 1章4節
2019.06
トマスはイエスに答えた。「私の主、私の神よ。」イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ないで信じる人たちは幸いです。」イエスは弟子たちの前で、ほかにも多くのしるしを行われたが、それらはこの書には書かれていない。これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるためであり、また信じて、イエスの名によっていのちを得るためである。
新約聖書 ヨハネの福音書 20章28~31節
2019.05
罪の報酬は死です。しかし神の賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。
新約聖書 ローマ人への手紙 6章23節
2019.04
神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。
新約聖書 ヨハネの福音書 3章17節
2019.03
すべての人は罪を犯して、神の栄光を受けることができず、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いを通して、価なしに義と認められるからです。
新約聖書 ローマ人への手紙 3章23,24節
2019.02
義人はいない。一人もいない。悟る者はいない。神を求める者はいない。すべての者が離れていき、だれもかれも無用の者となった。善を行なう者はいない。だれ一人いない。
新約聖書 ローマ人への手紙 3章10~12節
2019.01
偶像を造る者はみな、空しい。彼らが慕うものは何の役にも立たない。それら自身が彼らの証人だ。見ることもできず、知ることもできない。彼らはただ恥を見るだけだ。
旧約聖書 イザヤ書 44章9節
2018.12
わたしは門です。だれでも、わたしを通って入るなら救われます。また出たり入ったりして、牧草を見つけます。
新約聖書 ヨハネの福音書 10章9節
2018.11
すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。
新約聖書 マタイの福音書 11章28節
2018.10
イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれも父のみもとに行くことはできません。」
新約聖書 ヨハネの福音書 14章6節
2018.09
まことに、まことに、あなたがたに言います。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わされた方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきにあうことがなく、死からいのちに移っています。      
新約聖書 ヨハネの福音書 5章24節
2018.08
あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また、「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。      
旧約聖書 伝道者の書 12章1節
2018.07
この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神は、天地の主ですから、手で造られた宮にお住みにはなりません。また、何かが足りないかのように、人の手によって仕えられる必要もありません。神ご自身がすべての人に、いのちと息と万物を与えておられるのですから。       
新約聖書 使徒の働き 17章24,25節
2018.06
この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人間には与えられていないからです。        
新約聖書 使徒の働き 4章12節
2018.04
キリストも一度、罪のために苦しみを受けられました。正しい方が正しくない者たちの身代わりになられたのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、あなたがたを神に導くためでした。
ペテロの手紙第一 3章18節
2018.03
御子を信じる者は永遠のいのちを持っているが、御子に聞き従わない者はいのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。
ヨハネの福音書 3章36節
2018.02
そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている
へブル人への手紙 9章27節
2018.01
地の果てのすべての者よ。わたしを仰ぎ見て救われよ。わたしが神である。ほかにはいない。
イザヤ書 45章22節
2017.12
きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。
ルカの福音書 2章11節
2017.11
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
ヨハネの福音書 3章16節
2017.10
神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。
テモテへの手紙第一 2章5節