Welcome toYokote Grace Church's Home Page!!
豊中キリスト恵み教会
2012.04
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
ヨハネの福音書3章16節

2012.05
御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。      
ヨハネの福音書3章36節

2012.06
この方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです。      
使徒の働き4章12節

2012.07
けれども、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいます。
ピリピ人への手紙3章20節

2012.08
そこで、イエスは答えて言われた。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。 わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。」
ルカの福音書5章31,32節

2012.09
イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。
ヨハネの福音書14章6節

2012.10
神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。
テモテへの手紙第一2章4節

2012.11
神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。  
ヨハネの手紙第一 4章9節

2012.12
そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている
ヘブル人への手紙9章27節

2013.01
わたしが主である。ほかにはいない。わたしのほかに神はいない。
イザヤ書45章5節

2013.02
キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた
テモテへの手紙第一1章15節

2013.03
地の果てのすべての者よ。わたしを仰ぎ見て救われよ。わたしが神である。ほかにはいない。
イザヤ書45章22節

2013.04
わたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。
ヨハネの福音書書10章11節

2013.05
イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
ヨハネの福音書書11章25節

2013.06
人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。
マタイの福音書書16章26節

2013.07
しかし、わたしはあなたがたに言います。兄弟に向かって腹を立てる者は、だれでもさばきを受けなければなりません。兄弟に向かって『能なし。』と言うような者は、最高議会に引き渡されます。また、『ばか者。』と言うような者は燃えるゲヘナ(地獄)に投げ込まれます。
マタイの福音書5章22節

2013.08
キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。
ペテロの手紙第一3章18節

2013.09
私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと、また、ケパに現われ、それから十二弟子に現われたことです。
コリント人への手紙第一15章3~5節

2013.10
もし、私たちがこの世にあってキリストに単なる希望を置いているだけなら、私たちは、すべての人の中で一番哀れな者です。 しかし、今やキリストは、眠った者の初穂として死者の中からよみがえられました。
コリント人への手紙第一15章19,20節

2013.11
人は長年生きて、ずっと楽しむがよい。だが、やみの日も数多くあることを忘れてはならない。すべて起こることはみな、むなしい。若い男よ。若いうちに楽しめ。若い日にあなたの心を喜ばせよ。あなたの心のおもむくまま、あなたの目の望むままに歩め。しかし、これらすべての事において、あなたは神のさばきを受けることを知っておけ。 だから、あなたの心から悲しみを除き、あなたの肉体から痛みを取り去れ。若さも、青春も、むなしいからだ。 あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。
伝道者の書11章8~12章1節

2013.12
初めに、神が天と地を創造した。
創世記1章1節

2014.01
主を恐れることは知識の初めである。
箴言1章7節

2014.02
昔の人々に、『人を殺してはならない。人を殺す者はさばきを受けなければならない。』と言われたのを、あなたがたは聞いています。 しかし、わたしはあなたがたに言います。兄弟に向かって腹を立てる者は、だれでもさばきを受けなければなりません。兄弟に向かって『能なし。』と言うような者は、最高議会に引き渡されます。また、『ばか者。』と言うような者は燃えるゲヘナ(地獄)に投げ込まれます。
マタイの福音書5章21,22節

2014.03
神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。
テモテへの手紙第一 2章4節

2014.04
からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。殺したあとで、ゲヘナに投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい。
ルカの福音書 12章4,5節

2014.05
おくびょう者、不信仰の者、憎むべき者、人を殺す者、不品行の者、魔術を行なう者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者どもの受ける分は、火と硫黄との燃える池の中にある。これが第二の死である。
ヨハネの黙示録 21章8節

2014.06
人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。
箴言 14章12節

2014.07
主(神)を恐れることは知恵の初め、聖なる方を知ることは悟りである。
箴言 9章10節

2014.08
すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。 わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。
わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。
マタイの福音書 11章28~30節

2014.09
イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」
シモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の御子キリストです。」
マタイの福音書 16章15,16節

2014.10
また言われた。「人から出るもの、これが、人を汚すのです。 内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、 姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。」
マルコの福音書 7章20~23節

2014.11
「なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい。それこそ、人の子があなたがたに与えるものです。この人の子を父すなわち神が認証されたからです。」すると彼らはイエスに言った。「私たちは、神のわざを行うために、何をすべきでしょうか。」 イエスは答えて言われた。「あなたがたが、神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。」  
ヨハネの福音書 6章27~29節

2014.12
わたし(イエス様)は、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。 
ヨハネの福音書 10章11節

2015.01
おくびょう者、不信仰の者、憎むべき者、人を殺す者、不品行の者、魔術を行なう者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者どもの受ける分は、火と硫黄との燃える池の中にある。これが第二の死である。 
ヨハネの黙示録 21章8節

2015.02
この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神は、天地の主ですから、手でこしらえた宮などにはお住みになりません。また、何かに不自由なことでもあるかのように、人の手によって仕えられる必要はありません。神は、すべての人に、いのちと息と万物とをお与えになった方だからです。 
使徒の働き 17章24、25節

2015.03
神を、人間の技術や工夫で造った金や銀や石などの像と同じものと考えてはいけません。神は、そのような無知の時代を見過ごしておられましたが、今は、どこででもすべての人に悔い改めを命じておられます。
使徒の働き 17章29、30節

2015.04
というのは、不義をもって真理をはばんでいる人々のあらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが天から啓示されているからです。  
ローマ人への手紙 1章18節

2015.05
愚か者は心の中で「神はいない」と言っている。彼らは腐っており、忌まわしい事を行なっている。善を行なう者はいない。  
詩篇 14編1節

2015.06
それゆえ、神について知られることは、彼らに明らかです。それは神が明らかにされたのです。神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物(人間)によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。  
ローマ人への手紙 1章19、20節

2015.07
家はそれぞれ、だれかが建てるのですが、すべてのものを造られた方は、神です。  
ヘブル人への手紙 3章4節

2015.08
トマスは答えてイエスに言った。「私の主。私の神。」イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」   
ヨハネの福音書 20章28、29節

2015.09
わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招いて、悔い改めさせるために来たのです。  
ルカの福音書 5章32節

2015.10
人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。  
ルカの福音書 19章10節

2015.11
神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。
ヨハネの福音書 3章17節

2015.12
御子を信じる者はさばかれない。
ヨハネの福音書 3章18節

2016.01
もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。 
ローマ人への手紙 10章9節

2016.02
信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。 
ローマ人への手紙 10章17節

2016.03
聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」
ローマ人への手紙 10章11節

2016.04
義人はいない。ひとりもいない。
ローマ人への手紙 3章10節

2016.05
あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。
エペソ人への手紙2章8、9節

2016.06
すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。
ローマ人への手紙3章23、24節

2016.07
律法を行うことによっては、だれひとり神の前に義と認められないからです。
ローマ人への手紙3章20節

2016.08
人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです。
マルコの福音書10章45節

2016.09
罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。
ローマ人への手紙6章23節

2016.10
まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。
ヨハネの福音書5章24節

2016.11
神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。
テモテへの手紙第一2章5節

2016.12
このイエス・キリストはすべての人の主です。
使徒の働き10章36節

2017.01
わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます。
ヨハネの福音書6章51節

2017.02
イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」
ヨハネの福音書20章29節

2017.03
この書には書かれていないが、まだほかの多くのしるしをも、イエスは弟子たちの前で行われた。しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。
ヨハネの福音書20章30、31節

2017.04
そして、彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。そこは獣も、にせ預言者もいる所で、彼らは永遠に昼も夜も苦しみを受ける。
ヨハネの黙示録20章10節

2017.05
主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる
ローマ人への手紙10章13節

2017.06
今は恵みの時、今は救いの日です。
コリント人への手紙第二 6章2節

2017.07
彼に信頼する者は、失望させられることがない。
 ローマ人への手紙10章11節

2017.08
人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。
 ペテロの手紙第一1章24、25節

2017.09
この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。
 ヨハネの福音書1章12節

2017.10
わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます。
ヨハネの福音書6章51節

2017.11
わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることがなく、また、だれもわたしの手から彼らを奪い去るようなことはありません。
ヨハネの福音書10章28節

2017.12
まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。
ヨハネの福音書12章24節

2018.01
わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。
ヨハネの福音書14章27節

2018.02
「あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、礎の石となった」というのはこの方のことです。この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。
使徒の働き 4章11、12節

2018.03
「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか」と言った。ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言った。
使徒の働き 16章30、31節

2018.05
人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。
箴言 14章12節

2018.06
キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。
ヨハネの手紙3章16節









© 2012 Yokote Grace Church