私たちの信仰

神の摂理とご計画

方針イメージ
  • 神のすべての御業の目的は、ご自身の栄光を現すことである。
  • アブラハムの子孫であるイスラエル民族は神の特選の民である。
  • 神はイスラエル民族のための計画と教会のための計画の二つの異なった計画を持っておられる。
  • 神がアブラハムと結ばれた契約、モアブの野での契約(別名パレスチナ契約)、ダビデ王と結ばれた契約はすべて、キリストの地上再臨によって実現されるキリストの王国において文字通りにイスラエル民族のために成就される。
  • 教会時代は、キリストの復活の後の最初の五旬節の日に聖霊が降臨された時から始まり、キリストの空中再臨で終わる。
  • キリストの空中再臨の時、真の信者はどのような状態にあっても全て天に引き上げられる。
  • 空中再臨のためには前兆はない。キリストは何時でも再臨しえる。
  • キリストの空中再臨の後に七年間の患難時代が来る。
  • 患難時代に、神は、真のキリストを拒み、悪魔のキリストを受け入れた異邦人世界に激しい怒りを注がれ、偽キリストを受け入れ、その偶像を拝んだイスラエル人に対して彼らの先祖が御子を十字架につけた罪に報復される。
  • 神は選ばれたイスラエル人に悔い改めを与え、主イエスキリストを信じる信仰を与え、キリストを信じ受け入れる異邦人にも救いを与えられる。
  • キリストは、患難時代の終わりに選ばれたイスラエル民族を偽キリストの手から救うためにオリ-ブ山の上に再臨される。
  • キリストの王国は1,000年間である。
  • 千年の王国の後、旧創造の宇宙は消され、新しい天と地が創造される。そして天にある新しいエルサレムの都が新しい地の上に下ってくる。