ふくいん新聞(2016夏号)―「賢い人と愚かな人」

ふくいん新聞(2016夏号)PDFデータのダウンロード

賢い人と愚かな人のたとえ話

「わたしのこれらのことばを聞いてそれを行う者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけたが、それでも倒れませんでした。岩の上に建てられていたからです。
また、わたしのこれらのことばを聞いてそれを行わない者はみな、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまいました。しかもそれはひどい倒れ方でした。」(マタイの福音書 7章24-27節)

人生の土台

 前記の聖書の抜粋は、イエス・キリストが山上の説教の中で語られた「賢い人と愚かな人」のたとえ話です。同じように家を建てた二人について語られているのですが、一つだけ大きな違いがあります。それは家の土台となる部分です。賢い人は「岩の上」に家を建てたのに対し、愚かな人は「砂の上」に家を建てました。そして「洪水が押し寄せ」た時に真価が問われました。賢い人の家は倒れませんでしたが、愚かな人の家は倒れてしまいました。キリストはこのたとえを通して、私たちの人生にいつか必ず訪れる厳粛な問題に備えることの大切さを教えておられます。
 読者のあなたは人生という家をどのような土台の上に建て上げておられるでしょうか。ある人は、先祖伝来のしきたりや世間の常識を。ある人は、好みの信念や宗教を。ある人は、今さえ楽しければ良いという刹那的思想を人生の土台としておられるかもしれません。そしてその結果、大きな問題もなく、平穏無事な生活が出来るかもしれません。温かい家族に恵まれ、収入や健康も保たれ、おおよそ人生がうまく行っているかもしれません。しかし、人生には自分の力ではどうすることもできない「洪水」が必ずやって来ます。それは「死」です。ですからやがて来るべき死に備えてください。

死と死後のさばき

 なぜなら、第一に死はあなたにも確実にやってくるものだからです。そして、死はあなたからすべてのものを奪い去って行きます。第二に人間は死んで終わりではないからです。聖書によれば、死とは「分離」を意味します。すなわち、肉体とたましいの分離です。死を迎えると肉体の機能は停止し、葬られますが、たましいは決して消滅しません。死後の世界があるのです。 そして、神は聖書を通して

 「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」(へブル人への手紙 9章27節)

 と、はっきり宣言しておられます。すべての人間はその死後、宇宙万物を創造された絶対主権者なる神の前に立ち、罪のさばきを受けなければなりません。

神に対する罪

 人間は、神の前に堕落しています。神の忌み嫌われる罪を犯しています。他人事ではなく、ご自分の胸に手を当ててお考えください。あなたはこれまで親に逆らったり、人と争ったり、偽りの証言をしたり、人の物を盗んだりしたことはないでしょうか。何より創造主なる神を今日まで無視して生きて来られたのではないでしょうか。

 「神の目には、すべてが裸であり、さらけ出されています」(へブル人への手紙 4章13節)

 ですから、罪人は必ずさばかれます。そして、率直に書きますが、罪人の死後は永遠の地獄です。そこには神の恵みも一切の希望もありません。ですから、今日にでもあなたには死の備えが必要です。それは葬儀代や墓地や遺産についてではなく、ご自身のたましいの行き先についての備えです。もしあなたが、それを神の前にへりくだってお求めになるなら、神はあなたを愛しておられるので喜んでお与えくださいます。

備えられた救い

 実に、神は私たちが恐ろしい地獄に行かぬよう救いの道を用意しておられます。それは神の御子イエス・キリストによる救いです。今から約二千年前、キリストが十字架にかかってくださいました。それは、すべての人の身代わりとなるためでした。すなわち、私たちが地獄に下って受けるべき罪の刑罰を、キリストは私たちに代わって十字架上で受けられました。さらに、キリストは死の力を打ち破ってよみがえられました。誰でもキリストが自分のために死んでくださったと認め、キリストこそ自分の救い主であると信じ受け入れるならば、罪が赦され、死後には地獄ではなく、永遠の天の御国に入る者とされます。
 ですから、あなたもイエス・キリストをお信じください。そうして、いつ死を迎えても永遠の天の御国へ行けるという希望を持ってください。そうすれば、やがて死を迎える時に絶望して倒れることはありません。死に打ち勝つ希望によって真の平安を持つことができます。そして、この希望をお与えになる救い主イエス・キリストこそ、あなたの人生の土台とすべき御方です。キリストはあなたにこのように呼びかけておられます。

 「地の果てのすべての者よ。わたしを仰ぎ見て救われよ。私が神である。ほかにはいない」(イザヤ書 45章22節)

 どうぞ、神の前に「賢い人」となってください。

一覧に戻る