初めての方へ

このページでは、初めての方やまだイエス・キリストを信じておられない方向けに、聖書の語る福音(良き知らせ)について簡単に書いています。福音は、神様が聖書を通して最も大切なこととして語っておられることです。「ふくいん新聞」にも同じ救いについて掲載していますので、ぜひそちらもご覧ください。

神様のご存在

 「初めに、神が天と地を創造した。」(創世記 1章1節)

 神様はこの世界とその中にあるすべてのもの、すなわち宇宙や地球、また植物や動物、そして私たち人間を造られたお方です。私たちは神様をこの目で直接見ることはできません。しかし、神様が造られたものを見るならば、神様のご存在を明確に知ることができます。また、人間が木や石で作った神々と呼ばれるものは偽物であり、本当の神様ではありません。

人間の罪

 神様は私たち人間を造り、今も生かしてくださっています。それにもかかわらず、多くの人は神様を無視して生きており、偽の神を造って拝むことさえしています。そればかりでなく、人間は争ったり、嘘をついたりするなど様々な悪を行っています。これらすべては神様に対する罪です。

 「それゆえ、彼らは神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなりました。」(ローマ人への手紙 1章21節)

 「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、」(ローマ人への手紙 3章23節)

罪に対するさばき

 人間は神様に対して非常に多くの罪を犯しているので、神様はすべての人間に対して非常に怒っておられます。そして、その罪に対するさばきは死後に行われます。すべての人間は死後に火の池である地獄に入れられ、そこで自分の行ったすべての罪の刑罰を受けなければなりません。地獄は一度入るならば、決して出ることができず、そこで永遠に苦しみ続けることになります。

 「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」(へブル人への手紙 9章27節)

イエス・キリスト

 しかし、憐れみ深い神様は私たちを地獄から救う道を用意してくださいました。今から約2000年前の紀元30年、イエス・キリストが十字架に架けられて死なれました。この方は、神の御子が人となってこの地上に来てくださったお方です。イエス・キリストは罪を全く犯されませんでしたが、私たちを救うために十字架に架かってくださったのです。そして、十字架上で私たち人間の罪すべてを背負い、その罪に対する刑罰を代わりに受けてくださり、死なれました。

 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。」(テモテへの手紙第一 1章15節)

イエス・キリストの復活

 イエス・キリストは死んで終わりではありませんでした。死んだ後に墓に葬られましたが、死後3日目によみがえられたのです。そして、40日の間、多くの弟子たちの前に何度もお現われになった後、天に昇っていかれました。これは空想の話ではなく、事実、イエス・キリストはよみがえられたのです。そして、その復活によりイエス・キリストが神の御子であり、救い主であることがはっきりと証明されました。

 「私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。」(コリント人への手紙第一 15章3-5節)

信仰による救い

 神様は、誰であってもイエス・キリストを信じ受け入れるならば、その者のすべての罪を赦し、地獄ではなく天国に行く者にしてくださると語っておられます。救われるために善行や努力は必要ありません。私たちは、自分が地獄で罰を受けなければならない罪人であることを認め、私たちの身代わりとなられたイエス・キリストを救い主として信じ受け入れるならば地獄から救われるのです。

 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネの福音書 3章16節)

最後に…

 皆様も是非イエス・キリストを信じ救われる方となってください。もっと詳しくお聞きになりたい場合は、教会に直接お越しになるか、電話やメール等でご連絡ください。連絡先は「教会案内」に記載しています。